スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能力値いろいろ:捕捉

これの補足ですよ。

【 最低値 】:
 その種族の能力値において、最も低い値。
 これが一つでも出てしまうと、高知力ロールに匹敵するレベルで困る。
 最も問題なのは、能力とキャラクター設定のバランスで、仮に、作成時に肉体系能力に最低値がある場合は、そのキャラクターは即座に異形と化す危険性を孕む。これが知力や精神の場合でも、人格破綻者、ないし社会不適合者の気配を消せない。
 日常生活の中ではまずお目にかかれないので、想像もつき難いというハードルもセットで着いてくる。
 安易にコミカル路線で誤魔化すという楽な方法もあるが、「これだからこのプレイ」とか決めてしまうと、キャラクターをある一定の限界に制約し続けることになるので良し悪し。
 他種族に比べて最高値が非常に低い、他種族に比べて最低値が非常に高い、他種族に比べて能力の振れ幅が非常に狭い等の場合は、最低値の意味が途端に薄れるのだが、それはそれで寂しい。


【 最高値 】:
 その種族の能力において、最も高い値。
 最低値の対極に位置し、さも最上のものであるかのような錯覚を覚えるが、出たら出たで、やっぱりバランスで困るという点では、最低値と同様。最高知力とか、どうしろと。
 高すぎる能力は、バランスを崩さないようにブレーキをかける必要があるが、あからさまな手加減で鼻持ちなら無いプレイになっていないかという疑心暗鬼がお友達になりそう。
 「大は小を兼ねる」がパターンによりけりであることの証明。
 

【 平均値 】:
 その種族の能力における乱数結果の平均の値。
 比較評価対象としては意味がありげで、その実、ほとんど意味をなしていない数値。
 この数値は冒険者としての平均値であるが、キャラクターが接する冒険者の数は、キャラクターの人生の中では極々限られた小数であり、平均値を参考にするほどの経験情報は持ち合わせていないと考える。特殊な環境に育った場合は別。
 もちろん、ツキアカは冒険者だらけなのだが、ツキアカの冒険者は優秀な場合が多いので、この数字には参考外となる。そのキャラクターが接した他人様のキャラクターを、その他一般的冒険者として情報処理することにも、強い抵抗を感じる。
 

【 一般人 】:
 その種族においての、冒険者以外の一般人の能力の値。
 人間の冒険者以外の一般人の能力が10であるという点をベースに算出。
 適当な数字なので、細かいところを気にするとハゲます。
 各種族の平均値が算出式に組み込まれており、この数値も一般人の平均値ということになる。
 冒険者平均と大きく違うところは、キャラクターが持っているであろう経験情報の豊富さである。
 キャラクターが生きてきたであろう人生の中には、膨大な人物情報が蓄積されており、より多くの人間(種族としてではなく)と接してきた者にほど、この数値は意味を成す。
 ここで着目したいのは、一般人の能力が冒険者平均より劣る設定になっているところである。
 数値だけをそのまま見ると、冒険者は一般人に比べとても優れていることになるが、キャラクターとしての冒険者は英雄候補であるという点を加味しても、少々考えづらいところがあるのだが、少しルールブックに目を向けてみると、能力値の説明部分で、「冒険者の」という一文が必ず出てくることに気づく。
 つまり能力値とは、単に身体や知能の機能レベルを指すのではなく、『冒険者としての、冒険に必要な能力』であると拡大解釈でき、そう考えれば一般人より高いのは至極当然であると言える。
 実態的な能力との相関関係がないとは言わないので、やっぱり一般人より能力高いんじゃないかなァという思いがよぎるが、まぁ、そこはそれ。「コレだ!」と決まってしまうのと、「コレを参考に」では、意味が全く違う。違うったら違う。


【 振れ幅 】:
 その種族の能力における乱数結果の変動幅。
 この数値が高ければ高いほど、その種族は、種族としての多様性が高いということになる。つまり、とても長い期間(少なくとも数世代間)で見た場合の環境適応能力が高いということになるのだが、ざっと見る限り、人間種の牙城は崩せそうも無い。
 逆にこの数値が小さければ、その種族は種族として硬化しているともとれる。エルフあたりは最早ガチガチであるが、個体差が少ない場合、同族意識が強くなるような気もする。


【 係  数 】:
 その種族の能力における乱数結果の変動幅を、人間種の同能力変動幅で割った値。
 同種族内での能力変動差1点あたりの指標となる。
 同種族同士で、とある能力値の差が4であり、係数が0.5だったならば、人間種に置き換えれば8点の差に相当する。
 我々は人間である以上、人間としての枠を超えることができないので、全ての種族の相対評価の大元は、どうしても人間になる。
 

テーマ : 雑記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

老犬

Author:老犬
【 内 容 】:
ラクガキ、雑記、メモ、TRPG遊戯会等を主とした、ほぼ管理人の管理人による管理人の為の雑倉庫。
内容、並びに品質については、保障致しかねますので悪しからず。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。