スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペ・ヨン設定他

6thPC
名前:ペ・ヨン
種族:ラーバード
性別:男
年齢:42歳
20080408p2

【 住 居 】
ツキアカ付近の借り上げ宿


【日頃の生活手段】
薬草採取、路上販売/日雇いバイト:ガテン系


【 容 姿 】
巨躯で筋骨隆々。四本腕のオーガーを連想させる。

身長:215cm 体重:140kg 
体脂肪率:8%

髪:長髪をオールバックにし、後頭部で一本縛り。
   薄いグレーをベースに複数の原色で染色。
肌:褐色。額・右肩・左上腕・背中に刺青。
瞳:赤・オレンジ


【ImageMusic】
岡野弘幹 with 天空オーケストラ / Rainbow Warriors


AL GROMER KHAN・AMELIA CUNI / MONSOON POINT
Monsoon PointMonsoon Point
(1995/09/30)
Al Gromer Khan

商品詳細を見る



【 服 装 】
服装についての詳細はこちら


【 背 景 】
背景についての詳細はこちら


【セッション履歴】
セッションへの参加履歴はこちら


【チャット表現等メモ】:
一人称:ワタシ
二人称:アナタ
三人称:あのヒト、○○○サン


【プレイ方針】
無垢。今を生きる。過去、未来という束縛からの解放。


【能力値分析】
器:8 敏:11 知:10 筋:22 生:14 精:5
器用・敏捷・生命が種族平均より若干低く、筋力はかなり高い。
筋肉をつけ過ぎて動きが悪くなった印象。
筋力の割に生命点が低いのは恐らく老いのせい。
知力は平均値だが、トロウ語の読解不可で喋りもカタコト。
精神力はひどい。薬づけで情緒不安定なんだろうか。
感受性は強そうだが、逆境に弱く自制心に欠けるであろうことに疑いが無い。


【その他】
辛い食べ物は嫌いです。アクマのタベモノ!
ラーバードの文化・風習などは覚えているが、自分に関することだけはすっぽりと抜け落ちている。「ワカラナイ。真っ白デス」等




●麻薬信仰について:
麻薬は信仰であり、依存ではないが、当然中毒症状は出る。
より強い麻薬の使用に耐えることによって、自らがより高い存在へ昇華すると信じている。
「聖霊サマ」と呼ぶ、謎のトーテムを崇めている。
暇さえあれば、麻薬を使用しながらの筋トレをしている。

●戦いについて:
「争」と「勇」を分けて考え、「争」を好まず「勇」を競うことを誇りとする。
勝敗には拘らず、全霊を込めて戦うことそれ自体が重要であり、結果として死も受け入れるが、それが目的ではない。
歴然とした力量差がある場合や、勝敗が決した時点で「勇」を競うことは終わる。
不意打ちや卑怯な行為は好まないが、必要とあればしないワケでもない。終わった後に深く反省と後悔をし、麻薬を使用する。


●精霊について:
精霊に対する理解は、一般的な精霊使いとほぼ同等。
しかし、精霊と触れ合うこと、それ自体が歓びであり、「聖霊サマ」により近づくことであると考えている。




【種族特性抜粋】
◆ロック・クライミングが得意: 登攀判定に+2のボーナス。
◆薬物に強い耐性を持つ: 毒や薬物に対する生命/精神抵抗に+2のボーナス。
◆スティング・ハガーという種族独自の武器を持つ
◆特殊な体型のため、防具(鎧)はオーダーメイドとなり、製作に時間がかかる: 防具(鎧)の価格が標準の3倍。またキャラクター作成時を除き、発注から入手までに3セッションの期間がかかる。
◆3レベルのファーマスィスト(薬学師)技能を持つ: この技能に含まれる能力には、『薬品学』(セージ技能の物と同等)があります。
◆プリースト技能を覚える事ができない。
◆初期経験点2500点、所持金2D×200
◆四本腕である:
■ラーバードは四本の腕をいかして、三本以上の武器を同時に攻撃に使うことが可能です。
その場合(持っているだけの武器はカウントしません)、それぞれの武器には次のような修正がかかります。

使用武器の本数 使用武具の最高筋力 攻撃力へのペナルティ
1本目 筋力 -2
2本目 筋力 -2
3本目 筋力÷2 -4
4本目 筋力÷2 -4

■三つ以上の武器を使用して戦う場合、強打扱いとなり、回避力に-4されます。また強打オプションはすでに使用されていると解釈され、クリティカル値の低下、追加ダメージの増加は行えません。
■軽量戦闘あるいはシーフ技能による戦闘を行なう場合、全ての武器はキャラクターの筋力の半分(端数切り上げ)まででなければなりません(4分の1にする必要はありません)。
■この攻撃は、別の目標にも攻撃を行うことができます。
■二つの武器を使用して戦う場合、両手武器が二本であっても通常の二刀流ルールを使用します。しかし、オプションとして四本腕ルールでも攻撃できます。
例)両手剣を二本もったラーバードは、攻撃力-2/-4の修正を受ける通常二刀流と、攻撃力-2/-2、回避-4の修正を受ける四本腕ルールによる攻撃を選択することが出来ます。

■盾で攻撃しない場合、盾を持っている腕は武器を持っている腕としてカウントしません。
例)二刀流状態のラーバードが盾を持つと、二本の腕に武器を所持してると判断し、二刀流ルールを使用します。
例2)両手剣を持ったラーバードが盾を持つと、通常の修正で攻撃でき、盾の回避力ボーナスを得ることができます。
■ルールブック中、ソーサラー技能の記述等で、『両手』とある場合は『二本の腕』と読み替えます。
■攻撃時に二本の腕しか使わない場合でも、同一ラウンドに残りの腕で『魔法や呪歌を使用する』、『武器を拾う』、『クロスボウを巻き上げる』などの行為は行えません(ソードワールドのルールから、自明の事ですが)。
■両手利きの場合、二本の腕が利き腕であるとし、二刀流の場合のみ攻撃力-2/-2の修正で攻撃することが出来ます。
四本の腕で攻撃する場合は、特に変更点はありません。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

老犬

Author:老犬
【 内 容 】:
ラクガキ、雑記、メモ、TRPG遊戯会等を主とした、ほぼ管理人の管理人による管理人の為の雑倉庫。
内容、並びに品質については、保障致しかねますので悪しからず。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。